ひとり言

Permission to Danceから伝わるもの

待ちに待った「Permission to Dance」が7月9日に公開されました!

ちなみに私はDynamite新規と呼ばれる新規ARMYです。

コロナ禍での憂鬱な気持ちを救ってくれ、毎日を明るく過ごせてるのは彼らのおかげです。

明るくてPOPでつい踊りだしそうな可愛いメロディーなんですが、なぜか涙が出て止まらないです。
本当にいい曲ですね。

この2日前の7月7日0:00に「Permission to Dance」のteaserが公開され、SUGAの持っていた新聞に「紫色の風船がコロナの終わりの合図」「マスクバイバイ」とあり、どんな曲なのかとっても気になってました。


全キャプチャー出典元:HYBE LABELS

この曲は、アフターコロナのことを歌っているのではなく、まさしく「今」を歌っているんだなと思いました。

私は20年近く前からほとんどテレビを観ない生活で、世の中のニュースは朝のFMラジオとヤフーニュースとTwitterやYouTubeやネットニュースからです。
もちろん、コロナの情報もTwitterやYouTubeやネットニュースからです。

私はコロナワクチン、絶対接種しません。
家族にも今は予防対策をして静観するように言ってます。

共同通信社:ワクチン、日本人の効果を検証
これから治験が始まるようです。今が実験中ということでしょうか。

コロナの方が儲かるんですね。お医者様は。

https://twitter.com/alonechan/status/1404937533293686788?s=20

恐ろしいです。。。

そう思っているところに、この曲を聴いてびっくりしました。
とても考えさせられる内容でした。

そしてARMYには考察班と呼ばれる凄い方がいっぱいいて、この方、凄すぎる。
https://twitter.com/zakuzaku_bts/status/1413510654892204040?s=20

 

本当のところ、自分から発信するなんて全く思ってなかったのですが、今発信しないと後悔する気がして、文才ありませんが、書いています。

ワクチン接種は個人の自由で、職業や職場で接種が必須の方もいらっしゃるとは思いますが、何かの参考にしていただければと思います。

他にもたくさんのコロナ情報を発信しているブログがコチラです。

 

「Sprig Day」が早く来ますように。