ひとり言

映画『マトリックス』とBTSの妄想話。

BTS JAPAN ARMY INFOさんのLINEブログ(今は削除されています)では、『マトリックス』とバンタンについての関係について書かれていましたが、実はマトリックス観たことなくて、2021年12月に最新作が公開されるとのことで、最近視聴をして、感じた妄想です。

えーっと…
いっぱい関係性がありすぎて…びっくりです笑

まずは簡単に『マトリックス』のストーリーを

ストーリー

トーマス・アンダーソンは、大手ソフトウェア会社のメタ・コーテックス[5]に勤めるプログラマーである。しかし、トーマスにはあらゆるコンピュータ犯罪を起こす天才ハッカー[6]ネオという、もう1つの顔があった。平凡な日々を送っていたトーマスは、ここ最近、起きているのに夢を見ているような感覚に悩まされ「今生きているこの世界は、もしかしたら夢なのではないか」という、漠然とした違和感を抱いていたが、それを裏付ける確証も得られず毎日を過ごしていた。

ある日、トーマスはパソコンの画面に「起きろ、ネオ(Wake up, Neo.)」「マトリックスが見ている(The Matrix has you.)」「白ウサギについて行け(Follow the white rabbit.)」という謎のメッセージを受け取る。ほどなくしてトリニティと名乗る謎の女性と出会ったトーマスは、トリニティの仲間のモーフィアスを紹介され「あなたが生きているこの世界は、コンピュータによって作られた仮想現実だ」と告げられ、このまま仮想現実で生きるか、現実の世界で目覚めるかの選択を迫られる…

出典元:Wikipedia

『マトリックス』が公開されたのは1999年3月31日です。

はい!ここまでで、もうすでにいくつか気付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、まとめてみました。

Wake up, Neo

物語の始まりはパソコンの画面に出てくる「Wake up, Neo」です。

Wake upといえば…

日本デビューアルバムが『Wake up』です。

あと、ナムさんの『Tokyo』の始めも、Wake up in Tokyo から始まっています。

主人公の名前はNeo

Neoです。笑

ネオ東京というフレーズがAKIRA (漫画)にはあります。

AKIRA (漫画)は1982年に連載開始ですが、2020年の東京オリンピックの事などが描かれ、他にも現代とカブることも多く、予言されていたのではないかと言われています。

バンタンの歌やイベントで「N」「E」「O」が使われる印象が多く、

『N.O』

『ON』

オンライン公演は『BTS MAP OF THE SOUL ON:E』でした。

レッドピルかブルーピルかの選択

レッドピルが現実の世界で目覚める。
ブルーピルが仮想現実のまま生きる。
というのがマトリックスの始まりです。

N.O』では、バンタンはレッドピルを飲んでます。

私はBTS JAPAN ARMY INFOさんのBTS 『ON』MVの考察(願い)『MAP OF THE SOUL:7』を読み、レッドピルを飲みました。

映画『マトリックス』とBTSの妄想話まとめ

今の日本のコロナパンデミックを終わらせるのは、ARMYかもしれないと思っています。

ツイッターでの日本ARMYの方々の発信をみていると、正義と愛にあふれ、中には天才肌もいらっしゃり、バンタンと同じ印象を受けていつも感動します。

先日のVLIVEでもバンタンは言ってました。

このあと、言っちゃった笑、みたいに笑うJKがめっちゃ可愛かった。

このあとナムさんが、即座にかぶせるように違うお話をされたので、バンタンが伝えられるギリギリだと思います。

アメリカは目覚めてる人が多いので、オフライン公演が実施されると思います。

バンタンが日本でのオフライン公演をするためには、ARMYの目覚めが必要だと思います。

バンタンからのメッセージは 『Permission to Dance’ Official MV』(日本語字幕で絶対観てください!)にあります。

 

レッドピルへのヒントはこちらのブログ、白ウサギを追え(ショッキングな内容です。)を御覧ください。

日本人みんなが目覚めて、このパンデミックを終わらせましょう。

私の妄想話にお付き合いくださり、ありがとうございました!

では、本日のPermission to Dance’ on stage 楽しみましょう~\(^o^)/